ヤフオク転売かAmazon転売か

今の時代、転売先としては大きく分けると2種類あり、
その2つがヤフオクとAmazonです。

両方、誰もが知ってそうな有名サイトですよね。

まぁ、やっぱ物を売るということを考えると
人の目についてこそっていうことで大手どころのサイトに
転売ヤーも集まるというわけです。


今の時流はAmazonとヤフオクということになりますが、
これからどうなるかは分かりません。

正直、Amazonの勢いがすごすぎてヤフオクの転売ヤーが
これから減っていくのでは?と思ったりします。


ほぼAmazon一本みたいな状況になるとどうなるんでしょうね~。

競合が更に増えて大変になるようにも見えますし、
新規参入が更に厳しくなるのかもしれません。


だから、後々のことを考えるとAmazonでの転売に慣れておいたほうが
いいのかなーとか思ったりします。


ヤフオクにはあまりないものとして、
Amazonの転売においてはツールが結構な数存在します。

売れそうな商品を探すツールや出品を楽にするツール、
価格の調整を自動で行うツールなどなど色々なツールがあります。


環境的にも恵まれてるのがAmazon転売なのではないでしょうか。


ちなみに、上であげた色々なツールですが、せどりキングという
ツールを使うと上の機能を一つのツールで使えます。

詳しくはせどりキング事務局のページを見てください。

転売厨の精神力

世の中では転売厨は叩かれます。
そりゃーもうすごい勢いで。

自分が欲しかったものを買い占められたりしたらそりゃぁイヤですもんね。
なので買い占められたことがある人は転売厨に悪意を向けます。

そりゃそーだ。

で、せどりは転売厨か?と言われると、YESともNOとも言えない微妙な感じデス。
買い占めは別にしてないし、人気予約商品を予約しまくって高額出品、なんてこともしません。

ただ、需要な有りそうなアイテムを何処かから探してきて売ってるだけです。
高額出品ばっかりしてるわけでもないです。

なのでせどり=転売と言われると、ちょっと違うという気もするし、まぁ仕方ないかなととも感じるわけで。
このへんは精神力の問題だとは思うのですが、心が弱いとこういう声に押しつぶされる人もいるかもしれないですね。
そこそこ図太くないとやってられない副業ではあります。
本業にするならなおさら。

転売厨にもいろいろいます。
ブックオフで仕入れする時に、小さい子供が見ようとしている本棚があれば後回しにして上げる人。
そんなのお構いなく、ピコピコしながら子供そっちのけでせどってく人。
このへんはマナー違反じゃねーのって思いますが、やっぱり精神力次第では気にならんのでしょう。
さすがにどうなんだろう。

転売についてあれこれ

何も知らない人にせどりをやっていると言うと
「へー頑張って」で済むことも多いのですが、
転売をやっていると言うと引かれることが多いです。


意味合いとしてはほとんど同じようなものなんですけどね(笑)


転売ヤーが嫌われるという一因は、
やはりチケットや人気商品の買い占め等、
消費者にとって迷惑な行為をするイメージがあるからなんでしょうか。


自分が儲かればそれでいい・・・そういう気持ちでやっている
一部の転売ヤーのせいで業界全体のイメージが悪くなった気がします。


原理としては、安いところで仕入れて高く売るという
物販の基本をやってるんですから、そうそう悪いことをしているわけでは
ないんですけどねー。

ブックオフなんかでも、他の客の邪魔になるように棚を占拠して
バーコードリーダーをピッピッと当ててるようなビームせどらーが
店側からも嫌われ、都内を中心にビーム規制をする店が増えているようです。


多くの人は悪いことしていないはずなのに、どんどん肩身が狭くなっていく。


副業レベルであれば「じゃあ他の副業しろよ」っていう話なのかもしれませんが、
これまでやってきた努力とかノウハウとかを無駄にするのも勿体ないじゃないですか。


せめて自分という転売ヤーは購入者に感謝されるような対応を心がけたいと思っています。